Vim

insert-modeでvimのカーソルキー形状を変えて幸せになる(gnome-terminalの場合)

Command/Normalモードを間違う 問題はこれ。 頻繁にどちらのモードかを勘違いしてしまってタイプミスをしてしまう。 自分はgnome-terminal上でVimを使っている。tmuxなどターミナルマルチプレクサとの共存が必要だからだ。 gVimではカーソル形状が矩形と’|’が切り替わるのだが、ターミナル上では制限があって、調べたところ簡単ではなかった。 暫定策 代替案として、 lightline.vimを使ってInsert/Normalモードの状態を色付きで 画面下部に表示し、視覚的に理解しやすいように試みた。 確かにわかりやすいが、画面の端の色なので、気づかずにミスタイプになることも多い。 また、横のラインを表示・非表示を( autocmd InsertEnter,InsertLeave * set cursorline! )で切り替える アプローチも試みたが、モード間違いは大きく改善はしなかった。 救世主 これまでかと思った矢先に、救世主が現れた(stackoverflowで記事を見つけた) To change the shape of the cursor in different modes, you can add the following into your vimrc. For the Gnome-Terminal (version 2.26)Edit if has("autocmd") au InsertEnter * silent execute "!gconftool-2 --type string --set /apps/gnome-terminal/profiles/Default/cursor_shape ibeam" au InsertLeave * silent execute "!gconftool-2 --type string --set /apps/gnome-terminal/profiles/Default/cursor_shape block" au VimLeave *