fwupdでLinuxからUEFI(BIOS)のアップデート

Linuxデスクトップを利用する際に少し問題となるBIOSのアップデート。 ここではfwupdというツールを使ってUEFI(BIOS)のアップデート方法を書く。

特徴として、別のデバイスにBootableなディスクを焼いてアップデートする必要がないが、サポートされているデバイスでなければ対応出来ない。

なお、Unetbootinを使ってUSBデバイスからのアップデート手順をQiitaに書いているのでそちらもご参考あれ。

この記事はUbuntu16.04ベースのelementary os v0.4(loki), Dell XPS13 9360で試した内容を元にを書いている。

fwupdで利用可能なデバイスかどうかを確認する

利用可能なデバイスのリストはこちら→ (https://secure-lvfs.rhcloud.com/lvfs/devicelist) 自分のXPS13 9360はfwupdでアップデート可能だった。

fwupdのインストール

aptでfwupdインストールする

sudo apt install fwupd

cabファイルをダウンロード

(https://secure-lvfs.rhcloud.com/lvfs/devicelist) からダウンロードする。

https://gyazo.com/aea60172de3d87cbaf7c0c8e0ff4a558

画像内のリンク先のcabファイル。

fwupdmgrでインストール

fwupdmgrというコマンドが利用出来るようになっている。

ただし、ACアダプタを接続していないと進めないので注意する。

fwupdmgr installでファームウェアをインストール。

fwupdmgr install /path/to/your/downloaded/firmware.cab

これでインストール待ち状態になった。
再起動時にBIOSのロード画面でアップグレードが走る。

Special Thanks