Ruby

Sun, Apr 28, 2019

2019/04/28 最近読んだ記事

Ruby FFIについて https://github.com/ffi/ffi RubyからCの関数を呼び出すことが出来る代物。 内部でlibffiというライブラリを経由してrubyからCをコールする。 ↓ FFIを使って作成されたプロジェクト一覧 https://github.com/ffi/ffi/wiki/projects-using-ffi キー入力のエミュレーションライブラリのxdotoolの基幹ライブラリのlibxdoをNative Extentionとして呼び出せるか調べていた。 というのも、fusumaでxdotoolの呼び出し遅延のIssueが上がっていて、ネイティブのC関数レベルでAPIを呼べると改善するか試したかったというのがある。 最近のlibxdo3に対応出来ているライブラリは少なく、forkされたものであれば動くことを確認した。 require 'x_do' => true XDo.new.keyboard.type_keysequence('super+Right') => :success # 隣のワークスペースに移動 GIFのようにワークスペースの移動が出来ている。fusuma-pluginsとして追加出来ないかと画策中。 既にあるGemを最大限利用したいが、足りない部分は自分でメンテしないといけないかも。 貸倒引当金について 昔の顧客に未払いのまま倒産するスタートアップが居るので調べた。 一括評価になりそう。 この単語もたまたま詳しい方に教えて頂けたが、会計難しいので詳しい人からすぐ聞けるようにしておきたい。 歴4ヶ月の異業種未経験がリモート開発 スクール上がりだと教育コスト結構必要で、スクールで教えることと業務経験は全く別で、覚えることも多い。 簡単な物をつくる1つの方法だけを教えられれても、現実で解決する問題は難しくて複雑なものが多いので仕方ない。 特に最初からリモートワークは絶対にやめたほうが良くて、テキストベースのチャットで理解できる範囲なんて初心者(じゃなくても難しい)に分かるはずもない。 しかも教える側のコストが格段に大きくなってしまうので、お互いに不幸になる。 技術的レベルが足りないのであれば、 ちゃんと1年下積みしたら見違えるように変わるので、フリーランスなる前に何処かの事業会社や受託会社などに転がり込んで武者修行すると早い。 自分は職業訓練校の後にスタートアップにインターンとしてジョインしたが、特に小さいスタートアップだと急速な成長は見込めるものの体力無いとしんどいので覚悟決めていったほうが良い。 最近、未経験でフリーランスのエンジニアやりたいという人から相談受けることがあるけれど、普通に無謀なのでまずは会社に入ろう。
Fri, Feb 22, 2019

Fusumaのインストールと設定

Linux上でタッチパッド上のジェスチャーをカスタマイズ出来るFusumaというライブラリをRubyGems公開している。 日本語の記事もあまりないので、使い方やカスタマイズの記事を書いてみることにした。 RubyGemsにライブラリを公開した時の記事⇓ Fusumaのインストール Debian系を利用しているOS(パッケージ管理にaptを利用している)なら下記のapt install等のコマンドはそのまま利用できるはず。 自分はUbuntu16.04ベースのelementary OS lokiをインストールしたDell XPS 13(9360)で利用している。 Archの人はArchWikiに色々書いてもらっているようなのでそちらを参照。 https://wiki.archlinux.org/index.php/Libinput#fusuma Ubuntu 15.04以降ではFusumaに依存するlibinputを使用することができるが、Ubuntu 14以下の古いバージョンではsynapticsドライバを使用するxswipexSwipeを試してみて欲しい。 インストールされているRubyのバージョンを確認 まず最初にRubyをインストールしてあるか確認。 システムにインストールされているRubyでも問題ない。 (もちろんrbenvやrvm使ってても問題ない) $ ruby -v ruby 2.4.1p111 (2017-03-22 revision 58053) [x86_64-linux] # ↑Rubyの2.4がインストールされていることを確認 依存パッケージのインストール タッチパッドの入力を読ませる必要があるためlibinput-toolsをインストールする。 (Fusuma内部でlibinput debug-eventsによるデバッグログの出力を利用している) $ sudo apt install libinput-tools また、Alt+Left, Alt+Rightなどショートカットを発行できるようにするためxdotoolをインストールする。 $ sudo apt install xdotool FusumaをRubyGemsからインストール $ sudo gem i fusuma iはinstallの省略。システムのRubyでインストールする場合はsudoが必要。 (rbenvやrvmでインストールしているRubyを使う場合、$ gem i fusuma でインストール出来る) Fusumaの設定ファイルを作成する ~/.config/fusuma/config.ymlに設定ファイルを作成する。 $ mkdir -p ~/.
Sun, May 14, 2017

Linuxでマルチタッチのジェスチャにショートカットを割り当てるFusumaというGemを作った

linuxのマルチタッチのジェスチャを認識して任意のスクリプトを実行するプログラムを作った。 https://github.com/iberianpig/fusuma Fusumaという名前でRubyGemsに公開した。 Linux上のタッチパッドでのジェスチャをキーイベントにマッピングし、スワイプを検知したらワークスペースを移動させるなどの処理を可能にする。 ちなみにsyncapticsドライバ向けのPerlでの先行実装のxSwipe を過去に作っていて、こちらを元にRubyでlibinputドライバ向けに書き直している。 ワークスペースの切り替えする横スワイプが襖を開ける動作と似てるところが由来。 TouchEggやGinsなどUbuntuのWikiに紹介されるようなライブラリは利用するのに一癖ある。そして設定で上手くいかないケースが多い。 Perl製のxSwipe/今回公開したRuby製のFusumaはデバッグログを利用してタッチパッドの出力を読み取り、任意のスクリプトを発行出来る。そのため、タッチパッドのデバッグログ出力さえ出来ればジェスチャ解釈はできるためマルチタッチジェスチャの敷居がかなり低くなった。 Fusumaの使い方 インストールについては、Fusumaのインストール方法(https://github.com/iberianpig/fusuma#installation) を読んで欲しい。 Input Groupにログインユーザ追加後、ログイン・ログアウトしないとFusuma実行ユーザーからタッチパッドが読み取れず、Fusumaが失敗してしまうので注意。 fusumaコマンドで起動。 ~/.config/fusuma/config.ymlに設定ファイルを配置するとFusuma起動時に読み込んでくれる。 ジェスチャとそれに対応するスクリプトを自由にカスタマイズできる。 下記は一例。 swipe: 3: left: command: 'xdotool key alt+Right' right: command: 'xdotool key alt+Left' up: command: 'xdotool key alt+t' down: command: 'xdotool key alt+w' 4: left: command: 'xdotool key super' right: command: 'xdotool key super+a' up: command: 'sh ~/tool/linux/script/desktop_switcher.sh 1' down: command: 'sh ~/tool/linux/script/desktop_switcher.sh -1' pinch: 2: in: command: 'xdotool key ctrl+equal' out: command: 'xdotool key ctrl+minus' 4: in: command: 'xdotool key super+a' out: command: 'xdotool key super+s' threshold: swipe: 0.
Sun, Dec 18, 2016

Amazon Dash Buttonで出社する

この記事は出社芸アドベントカレンダーの18日目の記事です。 今日のアドベントカレンダーに登録した。 現在0:31。あと23時間半くらいある! 余裕だね! ちなみに夜開いてる喫茶店がなかったのでこの記事はHUBで書いてる。すごくうるさい。 出社時間をSlackに報告する 弊社は出社自由。リモートもOKで出社も自由。 (自分はリモートすると孤独で寂しかったりするので、旅行中以外は割と出社してる) ※詳細は出社芸アドベントカレンダー1日目出社自由の会社を作ったよ | rake enjoyをご参照。 でもルールがあって、何時ごろ出社するか(/どこで仕事するか)をSlackのチャンネルで報告する義務がある。 リモートが多い時はこんな感じになる。 自由だ…。 ◯◯時頃出社しますと報告するのが面倒になってきた 出社時刻をSlackでつぶやくだけで遅れたりすることで怒られるなどは全く無い。 この会社に入ってアラームを設定することが無くなった。 起きたら何時に出社するか決めてSlackで報告すればいい。 しかし、毎日、何時になるかといちいち考えたりするのすら面倒になってくる。 プログラマは怠惰な生き物。 あのラリー・ウォールも怠惰(Laziness)がプログラマの美徳だと名言している。 自動化しよう 朝起きて時計を確認、何時ごろに出社するか決めて、Slackアプリを開き、報告する。 このフローを自動化する。なるべく楽に。 作戦としては今流行りのAmazon Dash Buttonを使う。 押したらSlackへ何時に行くかつぶやく。 起きたらAmazon Dash Buttonを押すだけ。俺がデリバリーされる。 準備するもの Amazon Dash Button これはAmazonで買える。500円。安い。 対象商品の初回購入時が500円割引されるので実質タダ。 なお、ものによっては到着に時間がかかるものもあるので注意。 とりあえず翌日届くレノアにした。 ローカルサーバ Amazon Dash Buttonはローカルネットワークに接続し、ボタンを押すとローカルネットワーク上にブロードキャストされる。 そのブロードキャストがAmazon Dash Buttonから来たかをMacアドレスで判断する。そうであれば任意のアクションを実行するだけ。 ボタンが押された時に任意のアクションをキャッチするのにローカルネットワーク上で動作する常時稼働サーバーが必要。 みんなのお家に眠っているラズベリーパイを使おう。 エンドポイント 任意のアクションをキャッチする場所が必要。 Slackのエンドポイントを直接作っても良いが、拡張性をもたせるため、IFTTTでエンドポイントを作る。 IFTTTのエンドポイントさえあれば、GmailでもGoogleカレンダーでも何にでも連携出来る。 実装する 処理は大きく見ると下記の様な流れになる Amazon Dash Button ---> LocalServer ---> IFTTT ---> Slack IFTTTとSlackを連携する 前述したとおり、Slackとの連携部分を作る。 無料のクラウドサービスIFTTTで作る。 もっと自由にやりたいならAWS Lambdaを使おう。